トップページ

mosaicaは多様で健康的な学生生活を応援する非営利なブログです

特にマンガに力をいれて紹介をします

  •  
  • 高校2年生の文化祭では、クラスTシャツのデザインを任されたり、お化け屋敷の衣装や内装を考えたりと積極的に参加していました。クラスTシャツは業者と金額の相談なども思った以上に大変でしたが、出来上がった完成品を見て頑張って良かったと思いました。文化祭当日を迎え、何よりも楽しみにしていたのが、好きだった先輩のバンド演奏です。当時は、テレビで少しだけ紹介されたり、CDを出していたりする程地域では少し有名なバンドでした。駅前の路上ライブもよく見に行ってアピールしていましたが、文化祭は一日中会えるチャンスがあるので、ずっとドキドキしていました。バンド演奏はかなりの人が見に来ていましたが、私と先輩は時々連絡を取ったり、学校で会ったら話す仲だったので目が合ったような気がしただけでちょっと嬉しかったです。早稲田の学生生活調査私は高校時代チアリーディング部に所属していたので当日の発表があり、先輩にメールで「見に来てください」と伝えましたが、友達と一緒に学校を回るということで仕方ありませんが「見に行けたら行くね」と中途半端な返事が返って来ました。チアの発表の時間が近づき、先輩が見に来るかもしれないと思うと、いつも以上に緊張してしまいました。そして発表の時、なんと先輩が見に来てくれたのです!先輩は友達と来ていたので少し見てから去ってしまいましたが、その間は顔を作ったりと可愛く見せるのに必死でした。その後、「チア良かったよ」とメールをくれてかなり舞い上がり、若かった私はそれで結構満足してしまいました。文化祭での告白も考えましたが、私のことを妹のようにしか見ていないのはわかっていて、このドキドキする関係を続けたいと思ったので、告白をやめてしまいました。文化祭を機に付き合うという事は考えずに、このまま楽しくメールをしたり、会った時に少し話したりする良い友達でいようと思いました。中学生の時、代表委員を3年間続けていました。放課後に話し合いがあって部活に行けなかったり、全校生徒の前に出る機会も多く大変でしたが、やめようと思ったことはありません。楽しいクラスにしたかったというのはもちろん、高校の推薦のためや、部活動でも褒められる事が多いのも理由でしたが、最大の目的は寒がりでストーブ近くの席をゲットすることでした。くだらないと思われるかもしれませんが、血行が悪く寒さが嫌いで、よくしもやけも出来てしまっていたりと少しでも暖かい場所に居たかったので、冬の席替えはビックイベントでした。古い学校で隙間風も入ってくるので、ストーブ近くでないと足元が結構寒いのです。勉強にも集中できなくなってしまうので、何としてでも譲れませんでした。私の学校は代表委員2人と班長4人は話し合いで6ブロックの中から自分の班の席を決めることができ、他のクラスメイトはくじ引きで誰の班になるか決める席替えでした。話し合いでは他の子がストーブ近くの班を取らないよう、必死に説得していました。代表委員の意見が最優先されますが班長も話し合いに来ているので、班長だった女の子の頼みを聞いたり(その女の子の好きな人に連絡先知りたいみたいだよと伝えてあげたり)と、席に文句を言われないよういろんな手を使いました。そこで買い物するのにクレジットカードを持っていないことに気づきました。支払いをカードで出来れば良かったのに。おすすめの大学生・学生クレジットカードを選ぼう
  •  
  • 見事私は3年間ずっとストーブ近くの席をゲットすることができました。他の子も寒かったんだろうと思うと申し訳なく思いますが、クラスの為に本当に頑張っていたので、このくらいは許してと心の中で謝りながらわがままな事をしていました。私の通っていた学校は工業高校で普通科には無い特殊な授業がたくさんありました。私の代の生徒は窓から新校舎が見え、新校舎が出来上がると机と椅子を持って新校舎にお引越ししました。校舎内はとても綺麗でガラス張りの部分が多く吹き抜けなどもあり、都会的なデザインで、都立高校では無いような雰囲気でした。多様な正社員という価値観


  • 授業は一年生のうちに全ての系列、電気、システム、アプリケーション、情報デザインを学びます。2年生からは希望を取り、好きな系列を選択し、選んだ系列の勉強だけをしていきます。成績の良い順から希望の系列クラスに入れるので、一年生の最後のテストは工業高校とは言え、張り詰めた緊張感がありました。 多様とは

    工業系列の勉強だけでなく、普通科の勉強も勿論します。が、普通科授業、工業系列授業の割合は半々なので必然的に普通科授業は他の高校よりレベルが低いです。そこが、工業高校イコール頭が悪いのイメージに繋がっているのでは無いかと思います。でも、私は専門的な事が早くから学べ、就職率も100パーセントなので目的、やりたい事が明確であれば工業高校は自分を伸ばす事が出来る所だと思っています。

    私は情報デザイン系列を選択しましたが、学んだ事は身になっていると感じています。

ニュース

投稿記事がありません。